あれとかこれとか


政治の不透明でどうなるかわかりませんが、またもや立法論がちらほらでてきました。

特に特許無効審判と審決取消訴訟の問題を大胆に解決しようという動きは長年の懸案に踏み込むかという感じで大きな動きです。どういう内容にするのかが非常に問題ですが。

さすがに特許は、特許庁の専門性を無視するわけにはいかないでしょうから裁判に一本化へというのは現実的に無理だと思います。さてどうなるでしょうか。

これについては異常な結末になることはないと思いますが、すっかり立法の時代になってしまったせいでかなりおかしな法律もたくさんでてきています。

在宅投票事件以来、国会の立法活動はよほどのことがない限り違法の評価を受けません。ひどい立法でも国民が選んだ代表のしたことだから広く国民がその責任を負うということになろうと考えるからですが、これからの時代も果たしてそれで良いかはなはだ疑問です。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)