総長式辞から


今になって思い出したのですが、修了式では小宮山総長が、科学の話題をしているのに、法律学にも通じることを仰っていました。

いわく理論と事実の関係でした。理論を現実に適用する過程の誤りについて例が引かれていました。

平成20年度学位記授与式総長告辞

事実が大事と言われている新司法試験の考え方と通じるものがあるように思われます。

もっとも事実とお経のように唱えたために、皆で答案に整理もせず問題文を書き写しているらしく、混乱が生じている模様です。まだまだ試行錯誤ですな。

一般的な学生は、事実をどう処理するかに困難があるのでしょうが、私は仕事上、事実に先に飛びついてしまうため、理論的部分が甘くていつも困っています。

普通と違う悩みなんですが、これは修正できるんですかね。


About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)