真似る相手がいなくなる


最近、あまり更新できなくて心苦しいですが、今しばらくは仕方がないです。

ワークシェアリングが再び脚光を浴びている日本ですが、見習おうとしているヨーロッパではワークシェアリングや日本でいう雇用調整助成金のような制度で現在の雇用をそのまま維持して、不景気をしのぎきろうというような発想から脱却しようとしています。

古い産業から新しい産業へ労働力の転移を促そうという方向へ考えを変えてきたらしく、雇用調整助成金のようなものを止めつつあるといわれています。

それに比べると日本はどうしても、今ある雇用を守るという発想しかなく、産業構造が温存されるだけで後で困るのではないかといわれていました。

これが言われたいたのは少し前なので、不景気がきわまった今ではその通りになっていないかもしれませんが、EU官僚は理想主義的なことをするので、そういう意欲的な政策を実現しようとしているらしいです。転じて日本はどちらを向いているのか全く持ってなぞです。

EUの政策は原理主義的なものが多く、あまり感心ないものが多いのですが、革新的なことをしようという心意気はたいしたものだと思います。


About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)