むしろ立法に問題が


今日届いた商事法務のスクランブルというコーナーに旧商工ファンドの経営破たんを取り上げて、最高裁がこれまで行ってきた貸金業に対する厳しい判断に批判的な記事が載っていました。

弱者救済のために理屈をこねても、結果として弱者が金融を得られなくなったとしています。

確かに貸金業つぶしではないかというくらい極端な判断を次々してきたわけですが、これは潔癖症というよりは、あまりにやり方がひどかったのを座視できないというのがあったのでしょう。その後、立法でも極端な動きを強めたため、貸金業自体が成り立たなくなりましたが、最高裁の意図では、成り立たなくなるようにするまでの意図はなく、グレーゾーン金利の恩恵を受けたいなら適正にやれということを求めるくらいだったのではないかと思っているのですが、日本全体がアンチ貸金業で動いてしまったため、信用力のない人に金融をする業者がなくなりそうです。

端緒は最高裁とはいえ、その後は国家的な動きになったのでこの悪影響は国民全体で負うしかないでということになるのでしょう。貸金業法改正で蛮勇を奮った議員さんもいますが、善意なら出た行為なのか目立ちたかっただけなのかは分かりませんが、ものすごい悪影響が目立ち始めている感じがあります。

これに限らず最近立法の過誤とまでは言いませんが、立法の浅慮のせいでとんでもない悪影響がでることが目立っています。姉歯事件で建築基準法が改正されて、その結果自転車操業のマンションデベロッパーが次々つぶれています。これも当初からつぶれるところがでてくると指摘されていたのに、なんの配慮もされないまま、立法がされてしまいました。

国民受けしようと立法が短絡的な動きを強めており、それは政権交代ができそうだという最近ではより一層強まっています。お題目だけ言われればそうだろうと思ってしまうことも、よくよく考えて判断しないといけません。マスコミは「分かりやすい」ということで簡単なところしか伝えてくれないので、そうかなと思ってしまいがちになりますが、専門誌で議論されるようなメリットデメリットを比較しての議論ももっと伝わればいいんですが。


About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)