巨大化


有名な弁護士先生が、江頭株式会社法をさして厚すぎると仰っていました。神田会社法くらいのでないと読む気が起こすのが大変だとも。中身にも精通されていましたので、冗談で仰っているのは明らかなのですが、やはり専門家でも分厚いと思うわけです。

もっとも、分厚い割にはところどころに言葉足らずなところがありませんかね。もっと詳しく書いてくれと思うことがしばしばあります。

一方神田先生のほうですが、某教授の言を借りると書いてあって当然のことが書いておらず、どこにも書かれていないことが書いてあるそうです。

オリジナルで価値の高いところの意義はいまいち分かっていませんが、普通書いてあるだろうということが省略されていることはしばしばあるのは私にも分かります。基本を学ぶのに必要十分な本は中々ないものですね。

ちなみに伊藤教授が破産法と民事再生法を合体させたとんでもなく分厚い本を書かれていますが、あれは江頭先生のほんの厚さに対抗してあれより厚いのを出すとかいって出た本なのだそうです。私は直接きいたわけではありませんが。

でも、その本では会社更生法については他日を期すとか書いてありますが、まだ分厚くするつもりなのでしょうか。そうなったら持ち運びの前に、もはや製本ができなくなるのではないかと思うのですが、どうでしょう。

伊藤教授の本は、畢竟独自の見解が堂々と書かれており、判例の学習が重要になった今日では落とし穴がいっぱいありますが、それでもまだまだ充実の一途をたどられるようです。


About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)