まだまだ続きます


さすがにこの期に及ぶと通り一遍の報道がされるだけで、あまり大きくは取り上げられていませんが、職務発明をめぐる裁判はまだまだ続いています。改正前特許法35条案件がまだまだあるのですが、そのうちに改正法のもとでの事件もでてくると思います。

末吉先生もまだまだ続くと仰っていましたし。「10年は続く」だったかなあ、これは税務訴訟の話だったかな。ちょっと記憶が曖昧ですが何しろ当面続くそうです。

昔気質の会社への忠誠心は薄れてきたでしょうし、今後は使用者と労働者のパイの奪い合いが強まるということで今後はなおさら大変かもしれません。

内部告発とか監督官庁への垂れ込みは、切られた管理職とかが会社に報復するつもりで怒ってすることが多いのです。その意味では公益通報者保護法がなくても内部告発はされるでしょうね。

なんとも殺伐とした時代になったものですが、もともと忠誠心なんて持つ方がおかしいのかもしれません。忠誠心を寄せてほしかったらそれに相応しい偉大さを発揮するべきでしょう。


About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)