なぜこの時期に去るのか


いつになってもdoblogが完全復旧しませんね。

ここまで時間がかかるのは若干恥ずかしいことなのではないかと思います。

さて、民主党の河村議員が地方自治体の首長への転身を図るおつもりのようです。どうして民主党ではみどころのありそうな人に限って地方に転じるのでしょうか。国政に残っているのがどういうバックボーンを持っている人になるか推して知るべしです。

衆議院法制局のお話によると議員立法に熱心な議員だそうで、その内容の当否は差し控えますが、比較的まともな議員さんなのではないかと思っていました。

もうすぐ政権を取れそうなときなのになぜ地方に転身するのかその動機は非常に気になるところです。

民主党は昔は、青臭い正論をいうところで人間としての成熟さがないことを露呈していると思っていたのですが、今はばら撒き政策とか理屈のつかないことを国会で展開するとかばかりで、以前と様変わりしてしまいました。

とある議会関係者のお話によると、この変節の理由の一部には日本が以前見舞われた金融危機のときの対処があるそうです。これは小渕内閣のときだったのですが、このとき緊急事態だということで民主党は政局にはしないということをはじめから宣言していました。

このときの反省に立って今やっているそうです。あの時政局にしていれば政権が取れたのだという忸怩たる思いがあるのだそうです。

まず10年前に政権がとれたはずだという考えにいたる時点で小児病の気がありますし、現在の何も進まない中でどれだけの人が苦しみを味わうかと思うと、政権をとる以前に何か根本的なものを失ってしまったようです。

私の知っている専門家のなかで、民主党政権に期待するといっているのは東大以外の労働法学者くらいですよ。同意人事とかをすべて通さないとかいう焦土戦術のようなことではなくて、これはすごいという政策をぶち上げて、政権にまい進するとか考えられないものですかね。


About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)