今後に期待大


この日は遅くまで飲んでいて深夜になったので、遅れての更新です。

水町先生とコンパ(?)でした。

東大系の研究者としてはかなり型破りな方ですが、どんどん伸びてくる方だと思います。

学生さんは使い勝手がよいせいで水町先生の労働法を使っているので、新時代の法曹の間にも理解者が広がっていくと思われますね。もっとも皆が水町労働法を使う理由のうちの最大のものは菅野労働法が分厚くてとっつきにくいからだと思います。

確かに勉強していく過程で、あそこまで詳しくありとあらゆることが書いてある本を使うのは、記述の意味が分からない箇所が多くて大変だと思います。でも一旦仕事をしてみると、菅野労働法には本当に無駄がなく、必ずどこかに関連することが書いてあります。

働いてみると何を念頭にしているのかよく分かりますよ。

皆で菅野労働法に頼ってしまい、生産性がないといえばそうなのかもしれませんが、優れた体系を完成させた偉大さは、仕事で使ってみてはじめて分かるのだと思います。


About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)