突然の支出


この日は帰宅が遅れたので更新できませんでした。忙しかっただけで特段何かあったわけではないのですが。このところ私は知人の結婚でご祝儀が出て行くことが多く、親は葬式で香典が出て行くことが多くなっています。そういう年代になっているとはいえ、支出が響きます。しかし、どうもたまに親戚で集まれる機会をこれ幸いと思う人もいるようです。現場にいたころも、お年寄りが連れ立って法事ということに結構出くわしましたが、冠婚葬祭によって生み出される内需って結構多いのでしょう。長期的には子供たちは独立して宗派とわずのお墓を買うでしょうし、葬儀も小規模になっていくでしょうから、葬祭需要ってどう見ても先細りですが、その原因は今の人にとっては楽しみになっている人的関係が若い世代にはわずらわしさに感じられるからかもしれません。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)