立法論盛ん


生き返りの電車の中で怪しげな咳をしている人がより一層目立ってきました。うつされないように気をつけねば。ここのところ、雇用情勢が悪化しているせいか、労働法の議論もどうにも労働者保護よりになります。しかし、その背景にある価値判断は、使用者にはなんとか雇用をきらないでも大丈夫なくらい余裕があるはずだとかのおよそ法律論らしからぬ考慮であることが多いです。完全に、会社とは使用者のほかに株主がいることや、一度前例を作ると後でも同じことを求められるので一事が万事になってしまうなどのことはどうにも気づいてもらえません。ここで私の挙げた理由も法律論ではないですが、労働法の世界というのはいざ問題となると解釈がでてくるようなところではないようです。立法論が非常に盛んであり、実際にも必要だと思いますが、価値判断が先にあるせいか、肝心の立法の成果はでていません。何とかならないものでしょうか。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)