シャルレ、TOBの不適切開示を受けての改善措置としてガバナンス監視委員会を設置


[関連したBlog]シャルレ、MBOをめぐって利益相反があったとして創業家出身の社長を解職 の続報です。MBOをめぐる社長の不適切な行為は、色々とあったのですが、不適切な開示をしたという点への改善措置として、シャルレは法曹関係者などからなるガバナンス監視委員会を設置したと公表しました。ガバナンス監視委員会の設置について不適切な行為が行われた理由については、端的にオーナー経営の弊害としています。そこで気になるところは、代表取締役を解職しただけで、取締役としてとどまっているのではないかという点です。これは取締役会決議で設置が決定されているので関与しているとすると問題になりそうです。もっとも、不適切な行為をした社長など創業者一族はすでに取締役を辞任しているとして、導入にあたり利害関係者の不適切な影響力行使はないことも念が押されています。オーナー経営の会社は日本にまだ沢山あることや同族会社の経営権の移転が最近多いことなどから、この事件は重要な先例かもしれません。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)