スティール・パートナーズ、保有株式を相次いで売却


スティール・パートナーズは保有している日本企業の株式を相次いで売却していることが明らかになりました。いくらかの会社については持ち株をすべて売却しており、完全に撤退している模様です。江崎グリコ 14.37→0ユシロ化学工業 13.69→0中央倉庫 11.49→0中北製作所 13.05→0日清食品HD 18.08→10.42シチズンHD 12.62→4.96ブラザー工業 11.27→3.86ハウス食品 6.45→4.86丸一鋼管 14.76→12.38(日本経済新聞2009年1月12日朝刊より)売却動向としては、急速に景気が悪化した後半に集中していると報道されています。ユシロ化学工業による大株主の移動に関するリリースしかし、株価の低迷で撤退というわけではなく、いくつかの企業については引き続き関与をしていくとされています。サッポロ、ノーリツ、アデランスなどがあげられており、今後もスティールが経営陣に物を申していく事態は発生することになるでしょう。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)