言葉の裏を読む


46万アクセスを達成しました。ありがとうございます。さて、日本経団連の御手洗会長から、ワークシェアリングなんて言葉も出てきていますが、これは正規雇用も含めての労働条件の引下げを意味する概念です。果たして非正規雇用にしわ寄せが来ているとはいえ、正規雇用の人たちにとっては懐が痛むことを受け入れられるでしょうか。連合も派遣法の改正などの主張はしていますが、連合の傘下では派遣労働者をほとんど組織化しておらず、それらをしているのは大半が対立する全労連系の労働組合なので、本気では非正規雇用の待遇改善に熱心ではないことが、連合の主張から見て取れます。何かをやればたちどころに誰かに不利益が及ぶ状況ですが、果たして皆で分かち合う覚悟が日本社会全体にあるでしょうか。マスコミ報道を見る限りでは、日本社会は同情的に思えますが、果たしてどうですかね。もはや実際の世論とマスコミのながしているものの乖離は甚だしいと思われます。この間、職を失った元非正規労働者をこのご時世にもかかわらず採用した会社をテレビが好意的に取り上げていたのを見たのですが、会社の名前が出た瞬間に思わず笑ってしまいました。日本中で買収を繰り返してそれまでの労働者全員を一旦解雇して労働条件の切り下げに応じたものだけを採用することで規模を拡大してきた有名な会社でした。あの会社が労働面で好意的に取り上げられたのって初めてじゃないですかね。テレビ局は知っててやっているんですかね。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)