中国、独禁法専用法廷を設置


今年の8月から中国で独禁法が施行されていますが、独禁法の専門の法廷が上海の中級人民法院に設置されました。

設置されたのは上海第二中級人民法院とのことです。

一箇所だけにとどまっているので、試験的な設置でうまく行くなら他に広げようという意図なのではないかと思われます。
同じように知財専門の法廷も設置されていますが、それは試行的なものとされています。

もっとも北京ではなく、上海で設置するというところは特徴的です。
企業集積などの観点からの立地選択なのでしょう。


About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

One thought on “中国、独禁法専用法廷を設置

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)