春日電機、代表取締役などが辞任


このブログでは取り上げる機会を逸してしまっていますが、経営が極度の混乱の中にある春日電機で、代表取締役のほか2名が混乱の責任を取って取締役を辞任することになりました。春日電機のリリースこの通りすべての取締役が辞任するとこの会社は取締役がいなくなってしまいます。そこで、一時取締役を選任する模様です。さて、この春日電機事件は、敵対的買収で大株主が交代して、選任された新たな取締役が、大株主の会社へと会社財産を流出させるというようなことが行われたように伺われる一件です。しかし、会社をがたがたにした取締役たちが去っても株主であることは変わらないようですので、まだまだ問題は解決していませんが、法的手段を駆使して、会社がひとまず正常な方向に向かったのことには大変感銘を受けました。株価が低迷しているものの内部留保のある会社は狙われる恐れがあります。そんなことにならないように株価が高くなるように努めないといけません。そんなことよりも持合とか買収防衛策をしたくなるところですが、会社が株式投資をするというのは非常に非効率であり、かえって株価を下げるので、含み損を増やしてしまいかねません。結果として会社財産を毀損するのであまりうまくないでしょう。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)