社員持株会雑感


社員持株会について法的に注目されだしている昨今ですが、少し前の日経月曜の法務面で、社員持株会とインサイダーについて取り上げられていました。葉玉弁護士は緩めてもいいのではないかということを仰っていたのですが、これは企業よりの見解だと思います。実際のところを考えると、社員持株会が福利厚生の面もあることは否定はしませんが、どうにも会社にとって融通無碍に使われている面もあり、悪用濫用の可能性は低いとはとてもいえないのではないかと思います。余剰資金を使って株式を取得している会社は、非常に非効率なことをしているために株価が下がりがちになります。これが日本企業が持合をしていて実力以上に株価が低くなる原因の一部だと思います。これは純粋にファイナンスの観点からの評価がなされているわけですが、今後、社員持株会が大株主の上位にランクインする会社はガバナンスについて市場から怪しいと思われたりすることもあるかもしれません。結構、社員持株会が大株主の会社って多いですが、どうでしょうか。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)