老若男女問わず


振り込め詐欺がなかなか減らないようです。あれだけ報道されているのに引っかかってしまうのは、いかなることかとつくづく思います。常々、老化のせいで、だまされやすいのではないかとか、団塊の世代は完全に終身雇用で一つの閉じた世界で人生を完結できたので他の世界を知らないのではないかとか色々と勝手に憶測しているのですが、よく考えると年寄りばかりがだまされているという認識自体違うかもしれないと思い至りました。お年よりは退職金や年金、貯蓄好きが高じてお金を持っており被害にあいやすいだけで、だまされること自体は人間の本質に共通で老若男女を問わないのではないかとふと思いました。豊田商事事件以来、確立されただましのテクニックみたいなものがあるらしく、大抵の詐欺事件はそれの応用らしいのです。というのは、会社でねずみ講にはまっていた若手社員がいたことを思い出したからです。いわゆる一般職の女性社員でしたが、大学卒でしたし、ねずみ講について聞く機会はあったと思うんですよね。自分は引っかからないと思っていたんでしょう。そしていざ自分の前にやってきた話に、聞いたことのある犯罪の話を思い出して適用することは出来なかったのでしょう。勝手に引っかかるだけなら自己責任と言うこともありましょうが、他の社員も誘っていたため処理に困る事態になったのでした。その当時、私は無限連鎖講法違反ですといったのですが、今よく考えてみると、そのスキームは物の売買を介在させていたので、特定商取引法違反でした。まあ、いわゆるねずみ講ということで同じだったのですが。社会にでるとあちこちに罠があります。それ以前の大学時代からあるような気もしますが…。そういうのに近づかないのは当然のわきまえとされているものの、正面切ってしっかり教えてくれることはありませんよね。教育でお題目のように言われる「生きる力」って、そういう臭いものに対する勘を研ぎ澄ますことなんですかね。さすがに端的に教えた方がいいんじゃないかと思うんですが。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)