やはりCHANGE


もう毎日忙しいです。さて、ヒラリークリントン上院議員を国務長官に迎えてしまったオバマ氏ですが、外交経験が不足であることに不安の声が聞かれます。外交経験に限らず、有名な割にはどの分野も中途半端であるのがヒラリークリントン氏の正体であるように思われるので、別に驚くには値しないのですが…。オバマ氏の狙いとしては支持者の取り込みを考えたとか4年後のライバルの取り込みとかが順当なところで思いつきます。実際にもそうなのでしょうが、オバマ氏は単純な人ではないのがいろいろなところから伺えます。よってこの人事は他にも理由があり、深謀遠慮があるように思われ、引き受けた方も分かるでしょうから非常に難しい決断だったのでしょう。目を転じて世界では、オバマ氏が、ブッシュ大統領と違って話し合いの外交を度々訴えているため、特にロシアが交渉の余地がでてきたとして歓迎しているようですが、クリントン元大統領のような首脳がにこやかに握手をするような外交にはならないように思えます。うまくやれれば、アメリカは本当に変われるかも知れないなあと思います。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)