まじめな人だなあ


裁判員のことが報道に載ることが多い昨今ですが、感心したことがありました。野沢温泉村で間違って村が自ら候補者に選んだ人に通知してしまったということがありましたが、それでいち早く候補と知らされてしまった人にコメントを求めた記事がありました。その方は知らされてから心の準備にと、裁判員の参考書を買い求めて準備していたら通知が始まりましたという報道を見てあれと思った、ということが述べられていました。準備をするなんて、何とまじめな人なんだろうと感心してしまいました。裁判員制度については色々といわれていますし、実際に当初は混乱することは明らかだとも思いますが、それでも誠実にやろうとする人もかなりいるのではないかと思っています。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)