本当にそうですか


国籍法の改正法が参議院で可決されて成立しましたが、今になって騒いでいる人がいるようです。いわく、偽装が行われて不法な入国が増えるということを懸念しているらしいのですが、国籍法の問題は国際結婚による国籍付与の問題であり、関係ない人が入国することとは話が別です。国籍と日本国内に滞在できることは話が別であり、在留資格を得たいなら偽装結婚だけで十分です。そんな話は枚挙に暇がありません。最高裁が違憲としたのは、胎児認知と出生後認知でえらく扱いが変わることを不平等としたのであって、偽装される可能性があるというならこれまでも胎児認知をしていれば出来てしまう話であって、出生後認知でも国籍を得られることを認めることでなにか変わるかというと程度問題でしかないと思われます。何がどう変わったのかについてはよくよく考えないといけません。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)