NowLoading、大株主から株主総会招集請求書兼株主提案通知書を受け取る


名古屋証券取引所セントレックスに上場のモバイルコンテンツ制作などをしているNowLoadingが、大株主である株式会社イースタジアグループから株主総会招集請求書兼株主提案通知書の送付を受けたことが明らかになりました。当社主要株主である株式会社イースタジアグループからの株主総会招集請求書兼株主提案通知書に関する当社の対応についてのお知らせ株主提案にかかる内容は、取締役の解任とそれに代わる取締役の選任です。取締役は株主総会で選任するため、自主的に辞任するのでない限り、地位を失わせるのにも株主総会が必要になるわけです。せっかくなので、会社法の根拠規定を確認しましょう。第297条(株主による招集の請求)総株主の議決権の百分の三(これを下回る割合を定款で定めた場合にあっては、その割合)以上の議決権を六箇月(これを下回る期間を定款で定めた場合にあっては、その期間)前から引き続き有する株主は、取締役に対し、株主総会の目的である事項(当該株主が議決権を行使することができる事項に限る。)及び招集の理由を示して、株主総会の招集を請求することができる。2 公開会社でない株式会社における前項の規定の適用については、同項中「六箇月(これを下回る期間を定款で定めた場合にあっては、その期間)前から引き続き有する」とあるのは、「有する」とする。3 第一項の株主総会の目的である事項について議決権を行使することができない株主が有する議決権の数は、同項の総株主の議決権の数に算入しない。4 次に掲げる場合には、第一項の規定による請求をした株主は、裁判所の許可を得て、株主総会を招集することができる。一 第一項の規定による請求の後遅滞なく招集の手続が行われない場合二 第一項の規定による請求があった日から八週間(これを下回る期間を定款で定めた場合にあっては、その期間)以内の日を株主総会の日とする株主総会の招集の通知が発せられない場合第303条(株主提案権)株主は、取締役に対し、一定の事項(当該株主が議決権を行使することができる事項に限る。次項において同じ。)を株主総会の目的とすることを請求することができる。2 前項の規定にかかわらず、取締役会設置会社においては、総株主の議決権の百分の一(これを下回る割合を定款で定めた場合にあっては、その割合)以上の議決権又は三百個(これを下回る数を定款で定めた場合にあっては、その個数)以上の議決権を六箇月(これを下回る期間を定款で定めた場合にあっては、その期間)前から引き続き有する株主に限り、取締役に対し、一定の事項を株主総会の目的とすることを請求することができる。この場合において、その請求は、株主総会の日の八週間(これを下回る期間を定款で定めた場合にあっては、その期間)前までにしなければならない。3 公開会社でない取締役会設置会社における前項の規定の適用については、同項中「六箇月(これを下回る期間を定款で定めた場合にあっては、その期間)前から引き続き有する」とあるのは、「有する」とする。4 第二項の一定の事項について議決権を行使することができない株主が有する議決権の数は、同項の総株主の議決権の数に算入しない。確認はしていないのですが役員がかなりの数いますので、取締役会設置会社であると思われます。よって株主総会の召集請求、株主提案権とも少数株主権になります(303条2項参照)。また、上場している以上、公開会社であることは明らかです。よって、総会召集請求権にも原則どおり保有期間制限がかかることになります(297条2項参照)。また、両者で少数株主権の要件としては、株主提案権の方は総議決権の100分の1以上または議決権300個以上ですが、株主総会召集請求権は、100分の3以上になります。定款による引き下げを度外視すると、持株数によっては株主提案はできても、召集請求権まではないということがありえます。今回のケースでは大株主なのでどちらもクリアしているわけですが、仮に召集できるには至らない場合は定時総会を待たねばならないわけです。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)