「匿名」?


今日の日経の法務面に、先日のカネボウに関する東京高裁判決に関する特集記事が載りました。このブログでは取り上げていないのですが、公開買付義務が広く要求されかねない判決です。ことのはじめは商事法務のスクランブルに載った記事で、日経の当該記事でも「匿名の記事」として言及されました。商事法務のあの欄は昔から色々な意図があって書かれているものですから、単純に扱うわけには行きません。しかも「匿名」ってのが引っかかりますね。別に匿名希望の寄稿ってわけではないんですがね。よく議論の方向を誘導しようとか、特定の見解の風潮を起こそうとすることがあるんですが、日経も手を貸してしまったという感じでしょうか。別に当該判決に問題がないといっているわけではありません。誘導の方法があざといのでどうかなって感じがするだけです。それはともかく、当の判決は最高裁に行くようですので、変更されるかもしれませんね。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)