いいCHANGE 悪いCHANGE


オバマ氏が、これまでの発言どおりに、ロビー活動からの脱却をはかろうとしています。アメリカ政治に本当に変化が訪れるかもしれない重要な動きだと思います。さて、迷走しているように見える給付金の件ですが、全世帯に配るにしても2兆円ですむのですが、これと比べて、以前載っていた日経の記事によると民主党が農家への所得補償で1兆円を配ろうとしていることにもっと注目してもいいのではないでしょうか。しかもすべての農家ではなく、赤字の農家に限られるそうで、さらにごくごくわずかの人たちに1兆円。農業に従事している人口はごくごくわずかなのにさらに限定された人たちに、日本の予算が80兆円くらいしかないのに、かなりを裂こうとしているのですが、これこそ票を買おうとしている以外の何物でもないのではないでしょうか。ちなみに民主党は漁業関係者への所得補償も打ち出していますが、金額が桁違いでした。この辺の怪しさも踏まえて、よくよく考えた方がいいのではないでしょうか。ところで個別所得補償って法的には実現できるのでしょうか。憲法上の問題点がありそうな気もしますが。給付金が迷走していたのは、法的に問題が生じうるので、それを回避しようとしたら意味不明にだんだんなっていった気があるのではないかと思うのですがどうでしょうか。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)