意思を示す


43万アクセスありがとうございます。肌寒い一日でしたが、地元ではなぜか花火をあげており、犬がギャーギャーと騒いでいました。老人と老犬ばかりの団地で、元気なのはうちの犬たちだけです。以前韓国の人に、東京は老人ばかりではないかといわれたことがあるのですが、平日の昼間に出歩いているのは老人が多くなりますから当たり前なのですが、高齢化しているといいたいらしかったです。しかし確か韓国も急速に高齢化が進んでいるのではなかったですかね。ちなみに高齢化は先進各国共通の現象なのですが、それによって政治的には老人が年金などの自分たちの生活に直結する問題に意思を示すために、老人の投票率が異様に高くなっているのも、各国共通です。日本でも年寄りばかりが投票に行って、社会福祉の切り下げに反対して若者ははじめから政治に期待していないような感じです。韓国でも高齢者の投票行動が顕著であり、年寄りは投票に行くなと言ってしまった政治家が批判を受けていました。この世界各国共通の硬直化した構造にどうやって対処していくのでしょうか。どこの国が一番最初に対処するかも興味深い点です。日本では民主党が年寄りを狙えということをやりはじめたのがこの前の参議院選挙なのでまだまだこれからですね。お年寄りから寄せられた信託に応えられる方法があるならぜひやって見せてほしいくらいです。日本のように負担が少ないままで現在の社会保障水準を維持するのは、高齢者が増えてしまうことを計算に入れると絶対に無理なのですが。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)