まさか


倍率だけ見ると、旧司法試験の口述試験はそれまでの論文に比べると比べ物にならないほど落ちないはずなのに、私は個人的には口述試験で落ちた人をかなり多く知っています。そういう例は論文通ったと思っていなくて準備をしていなかったようなのですが、それだけではなく口頭でのやり取りというのは分かっていたとしても、それを発揮できると限らないくらい難しいものですよね。逆に口がうまい人というのもいます。もっとも、大学の講義に全く出ておらず予備校漬けの人が、論文は通ったものの、口述で山口先生にぼろぼろにされたという話も聞きました。山口先生の口述は厳しかったらしい話を聞きました。司法試験に合格した人に不可をつけて卒業させなかった高橋宏志教授とどちらが鬼でしょうかね。何はともあれ、超意味不明なことを終始いい続けるとそうなるというくらいなので、大丈夫だろうと私は思っているのですが。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)