武器がほしいか、くれてやる


独禁法改正で権限が強化されてから、公取委が随分と頑張っているのが目立ちます。望んでいた武器をあげたら頑張るというなら、今回の金商法改正によって証券取引等監視委員会も頑張ってくれるのでしょうか。昔は法令を無視する分野の代表格だった独禁法と証券取引法の分野でだんだんとエンフォースメントが強化されてきているのは本当に時代が変わったとした言いようがありません。もっとも証券取引法のわけの分からない条文は、金商法でより一層悪化してしまいました。弁護士先生もよく分からないと仰っているくらいですから、新米弁護士が仕事でまず苦しむところだといわれているのも当然かもしれません。でも、最近の法律はわけの分からないものが増えてきていますよね。テクニカルな租税法などは以前からそうだったのですが、最近はこれに会社方が加わってしまった感じで、非常に厄介な感じがします。なんか立法をする方のマインドが今までとは違う感じがするんですよね。本当にああいう感じでいいのか、疑問です。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)