インターネットで顕著になったことの一つに、マスコミの取ったスタンスに反対する立場の見解が形成させるようになったことでしょう。こんにゃくゼリーも消費者問題として問題視するスタンスがマスコミでは支配的ですし、そういう立場をとるのはこれまでのマスコミの姿勢から言えば当然だと思いますが、インターネットで形成された見解はそうでもないものも顕著です。またマスコミは報道の中立のためか、政治的な立場の問題に触れたくないためか、バックボーンに触れないで報道だけすることがありますが、インターネットで当事者のバックボーンが明らかにされてしまい、見方をいっぺんさせることが頻繁に起きるようになりましたね。見ていると臭いと思える事件があって、少し調べると案の定ということがよくあります。子供をだしに使っているような大人はえてしてそういう傾向があるようですな。あえて言うと左よりの勢力にはプラスにならないことが多いようで、インターネットが発展してからは言論がそれまでよりは右寄りになる傾向が出ているようです。個人的にもとある団体の幹部が「インターネットは敵だ」といっているのをきいたことがあります。しかし、内心思っていたことが表出するようになったというくらいではないのかと思うのが正直なところです。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)