手練手管


まだ正式な発表はされていませんが、数年がかりで行っている会社の仕掛けがそろそろ結実しつつあります。それでもまだまだ中盤ですが。軟着陸を図るため、徐々にやっていったことがようやく半ばまで来ました。影響が大きいから、気の長い話でやっているのですが、利用者をある意味だましているようなものなのでどうなのかなとも思います。私も仕事の最後の方でちょっとかかわっていましたが、まだ終わっていないのに驚きます。時間の感覚が本当に今日の一般的ビジネスのそれと全く違いますね。普通儲からないものはすぐに止めねばならないでしょう。株主もいるんだし。 でも個別の収支を明らかにしていないので、別に追及を受けることはないんですが。徐々に理由をつけて変えていくわけですが、ざっと見たところ、その筋の情報通が色々と議論していますが、本当の意図に気づいている言説はついぞ見ません。これはさすがに会社の方が上手だなあと思います。さらに未来に最終局面を迎えますが、気がついたら自然にそうなっているでしょう。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)