公取委、BHPビリトンのリオ・ティントへの買収計画をめぐり報告命令を公示送達


資源大手BHPビリトンが同業のリオ・ティントを買収しようとしている件について、寡占が進みすぎるとして日本の公取委が審査を行おうとしています。
日本の鉄鋼メーカーからの懸念の声にこたえての動きのようです。
日本国内の件ではありませんが、海外の企業結合を審査できる権限が日本の独禁法にもあります。
そこでまず情報の提供を求めたのですが応じないために、報告命令を公示送達することになりました。
公取委事務総長会見記録
第70条の18〔公示送達〕
公正取引委員会は、次に掲げる場合には、公示送達をすることができる。
一 送達を受けるべき者の住所、居所その他送達をすべき場所が知れない場合
二 外国においてすべき送達について、前条において読み替えて準用する民事訴訟法第百八条の規定によることができず、又はこれによつても送達をすることができないと認めるべき場合
三 前条において読み替えて準用する民事訴訟法第百八条の規定により外国の管轄官庁に嘱託を発した後六月を経過してもその送達を証する書面の送付がない場合
②公示送達は、送達すべき書類を送達を受けるべき者にいつでも交付すべき旨を公正取引委員会の掲示場に掲示することにより行う。
③公示送達は、前項の規定による掲示を始めた日から二週間を経過することによつて、その効力を生ずる。
④外国においてすべき送達についてした公示送達にあつては、前項の期間は、六週間とする。
こうしている間にも買収手続は進展しているので、実際に日本の公取委がメスを入れられるかは難しいと思われますが、いわゆる域外適用に日本の競争法当局が乗り出すという点では意義深いことだと思います。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)