東急、単元未満株式の買取強化へ


株券電子化で端株が存続できなくなることから、各社で様々な対処が行われていることをお伝えしましたが、その他にも株券電子化で企業が対処を迫られることが現れている事例がでたので取り上げます。株券電子化で端株に相当する株式を単元未満株などにしてひとまず権利を存続させるのはいいのですが、特別口座は発行会社が開設するものであるために、これまでにない負担を単位未満株について負うことになります。そこでこの負担を減らそうという動きがでてきました。東急が単元未満株式の買増・買取手数料の無料化と期間内に買増買取を行った株主に商品券などのプレゼントを行うことを公表しました。手数料無料化については、取締役会決議がなされています。東急のリリース

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)