リーマン・ブラザーズ、連邦倒産法11章の適用を申請


アメリカの大手証券会社リーマン・ブラザーズが経営破たんしたと報道されています。法的に厳密に言うとそれはアメリカの連邦破産法11章に規定されている手続の適用を申請したということです。連邦破産法11章とは日本法では民事再生法に相当する手続です。チャプターイレブンとか呼ばれます。これと対になるのが、7章の手続でこちらは日本では破産法に相当します。事実、日本法人のほうは民事再生法の適用を申請しています。清算手続きではなく事業を継続しながら再生を目指すということになります。その際に大幅に債権をカットするなどの再建計画になりますので、債権者である金融機関に影響が出ることが予想されます。日本の金融株が大幅下落したのはそのためです。さすがにリーマン・ブラザーズに勤めている知人はいません(確かいなかったはず)が、あれほど有名な会社が経営破たんに直面するとは大変なことになったものです。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)