スティール・パートナーズ、ノーリツに買収提案 サッポロHDにも選択を迫る


7月以来のことになりますが、スティール・パートナーズの動向が報道されました。
給湯器のノーリツに対して買収を提案しました。
従来からノーリツの業績が悪化していることについて懸念を表明していましたが、最終手段として買収を提案するとしています。
スティール・パートナーズ・ジャパン、ノーリツに買収提案
確かに上記リンク先の資料を見ると、ノーリツの営業利益率はかなり低いことはその通りでして、懸念するのももっともではあります。
一方、関係が長期化しているサッポロビールに対しては、友好的買付けの条件交渉開始か大規模買付ルール手続き終了と公開買付け承認の選択を迫りました。
スティール・パートナーズ・ジャパン、サッポロに対して友好的買付けの条件交渉開始、又は、大規模買付ルール手続き終了と公開買付け承認の選択を求める
新しい法的論点が生じているわけではないですが、ガバナンスに関連する実務の動向として継続的に取り上げておく意味はあると思います。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)