横書きの六法


判決文など法律の書式は横書きになってしまいましたが、六法などはまだ縦書きのままです。今日は金商法の試験だったのですが、商事法務から出ている金商法の載っている条文集は横書きになっているのですが、これがなれないせいか見にくくて困り、途中から第一法規から出ている縦書きのものに変えてしまいました。判決文などは横書きの方が読みやすいのに、六法だけこうなるとは習慣とは恐ろしいものです。ちなみに私は答案用紙も縦書きの方が好きなのですが、ロースクールは横書きに統一されてしまっているのでどうにもなりません。でも横書きに反発を覚える昔かたぎの方はおられます。以前、某名誉教授が、「横書きでカラー刷りの教科書があるらしいがけしからん」と仰っていました。そう仰るなら、まだ確認していないのですが、長年の沈黙を破って最近出たあの本は縦書きなのでしょうな。完結させられず、一部のみの刊行にとどまっているみたいですけど。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)