どうやればいいのか


今日も午後にものすごい雷雨でした。さて、大分県の教員採用汚職事件で特典操作などの不正で合格した教員の採用を取消すと発表されました。直感的には当然だろうという気になりますが、法的には非常に難しい問題です。採用取消といっていますが、どういう行為をするのでしょうか。公務員ですから採用処分の撤回でしょうか。きちんと証拠が残っているならいいですが、処分をする方がその適法性を基礎付けねばなりませんから、中々大変です。改ざんされているわけですから、正しいものを示すことが一苦労ではないでしょうか。 というわけで争おうと思えばとんでもなく泥沼になるかもしれません。行政事件訴訟法も改正されて、色々と訴えられますので、ツールは豊富です。適法な訴えをどれほど起こせるのかは微妙ですが。世間体が悪いですから、間違って不正をしたと認定されたのでもなければ、結局は訴訟にしてまで争う人はいないのではないかと思いますが、非常にやっかいな問題です。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)