タイミングが悪かったか


オバマ氏がバイデン議員をパートナーに選んだことは特に有権者に響いていないような世論調査の結果がでているようです。いずれ効果がでるのかもしれませんが、副大統領候補の選択は非常に重要な意味を持つので、これで引き離せるとかがないと混戦になるかも知れません。最近はオバマ氏の人気が下がり気味だそうです。やはり人種というのは非常に根深いものがあるのかもしれません。もっともグルジアの紛争が影響している面もあるでしょう。マケイン氏は捕虜になったことがあるくらい筋金入りの安全保障畑の人なので、信頼が置けるのかもしません。ちょうどオバマ氏は休暇中だったでそうで、なおさらミソをつけたかもしれません。日本では遠いこともありほどほどにしか取り上げていませんが、CNNがグルジアの紛争を非常によく取り上げています。かなり映像も流れており、アメリカ国民は慄然としているのかもしれません。それにしてもアメリカに恩を売っておくというのは非常に大事なことだと分かります。グルジアがイラクに2000人を派遣していたことは、大きな貸しになっているのでしょう。日本も給油活動の継続の是非を考える際に、この観点の考慮をするでしょうか。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)