黒歴史


黒歴史というものはやはり実際にあるもので、触れてはいけない話題というのはどこにもあるものです。私が東大法学部の学生だったときに、定年退官助教授なる不可解な終焉を迎えられた方がおられたのですが、あれこそまさにそれに該当するのではないかと思います。東大法学部では教授で退官するとほぼ名誉教授になるので、そのまま法学部便覧に名前が残ります。しかし、定年退官助教授はその後しばらくして、欄そのものが消されてしまったのです。そこまで追及しなければ気がすまないという執念的なものを感じたりするわけですが、学者生命とは別にポストだけではないらしいことが最近分かりましたので、ぜひとも頑張っていただきたいと思います。でも当時から本当に触れてはいけないことになっていました。便覧の名簿から削除されてしまったせいで最近の学生さんは、存在すら知らないのです。そこまで行くと気の毒なので、昔話のように語ったりするのですが、本当なら民法系ゼミ出身の学生さんは知っていてもいいのではないかと思うのですが。肩書きのない学者による論文が某雑誌に掲載されたり、あの人が久方ぶりに本を出したり、最近は動きのある時代になりました。もう時効ってことなのかな。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)