また模倣が…


秋葉原の通り魔事件で、ネットの掲示板に犯行予告のようなことをしていたことが報道で大きく取り上げられたせいで、模倣行為が相次いでおり、摘発される例も出ていますが、実は大々的に報道されなかっただけで以前から犯行予告の類は結構ありました。実際に予告の通りにならないために報道はされなかったのでしょうし、むしろ騒ぐと思う壺という判断もあったのかもしれません。これまでも実際には予告された関係箇所は対策をとっていました。予告が来ているから注意せよといわれてもどうすりゃいいのか分かりませんでしたが。毎日働いている方にとっては、心にとめておくくらいのことしかできませんが、警察の出動があったり、警備員を手配したりはしたので、かなりの労力を要する事態でした。何でもかんでもしっかりとした対策をとるようになったら、それこそ費用がかかってたまらず、ビジネス自体が成り立たなくなります。社会とは信頼によってはじめて成り立つのだなあと痛感した次第です。秋葉原の一件以来、貴重な社会的資源をいたずらかもしれない事象に真剣に向き合うために振り向けざるをえなくなっており、個人の生命が奪われたにとどまらず、その後にも社会的害悪を振りまき続ける極めて悪質な犯罪だというほかありません。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)