キムラタン、代表取締役の異動に関して虚偽の開示をしていたとして大証から改善報告書を徴求される


[関連したBlog]キムラタンが、不正をしていたとして、定時株主総会でもと代表取締役の取締役解任を議案をして可決されたことを以前お伝えしました。この事件をお伝えした時点で、「もと」代表取締役となっており、キムラタンはこの異動については、昨年に「健康上の理由」によるものとリリースをしていたそうですが、ここに来て実は、後に取締役解任議案で言及した不正行為を問題視しての取締役会による解職であったことを訂正開示しました。これに対してキムラタンが上場している大証が改善報告書を徴求しました。キムラタンによる代表取締役の異動事由の訂正 大証のリリース 大証からの請求に対するキムラタンのリリース 後から考えると、実は問題とされている事件に関連して解職されていたのだというのは、考えられることではあります。なぜこんなことをしたのかは不思議でもあります(後から訂正したことも含めて)。 健康上の理由だとしながら、そのすぐ後で不正があったとして告発のようなことをすれば、関連があるのではと勘繰られるでしょう。昨年末から定時株主総会後までの株価の動きに、この虚偽の開示が何らかの影響を与えていたらこれはまた問題となります。現時点では、証券市場のルールにとどまっていますが、さらなる発展も考えられる問題だと思います。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)