井上工業で代表取締役が解職される


東証2部上場の建設会社・井上工業で今年1月に同社株式が大量に売られて株価が急落したことがありました。
これは同社の代表取締役社長が個人的な信用取引を行っていて損失を出したため追加の補償金が必要となったもののの差し入れることができなかったために、担保として提供していた同社株式が売却されてしまったことによるものでした。
株価急落に関する井上工業のリリース
このことを問題視したのかは確言されていませんが、ここに来て当該代表取締役が解職され、同社からリリースされました。
代表取締役解職に関するリリース
理由について「内部者取引防止規程に定める手続きに違反する等」とあるだけで、具体的には何を問題視したのかは定かではないのですが、株価急落の件が問題視されたのではないかと思われます。

☆★NTTの光回線を利用したテレビ向け映像配信サービス。地デジ対応もOK!★☆

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)