YOZAN、会計監査人退任で継続会を延期


[関連したBlog]

YOZANが監査報告を得られていないために、計算書類の承認が総会の決議事項になり、さらに間に合わず継続会を開くことになったことをお伝えしましたが、今度は会計検査人が退任してしまい、継続会を延期することになったことが明らかになりました。

継続会延期のリリース

会計監査人退任のリリース

理由は退任のリリースの方に端的に書かれていますが、経営の迷走が如実に現れている感じを受けます。

YOZANは一時会計監査人の選任を進めるとしていますが、非常に末期的な状況であるようにうかがわれます。


せっかくなので基本的なことの確認をしておこうと思います。
会社法で会計監査人も「役員および会計監査人」とまとめて規律されています。
よって規律は共通化されおり、会社との関係は民法の委任の関係になります。

第330条(株式会社と役員等との関係)
株式会社と役員及び会計監査人との関係は、委任に関する規定に従う。

よって役員および会計監査人は民法651条からいつでも理由なく辞任できます。

第651条(委任の解除)
委任は、各当事者がいつでもその解除をすることができる。
2 当事者の一方が相手方に不利な時期に委任の解除をしたときは、その当事者の一方は、相手方の損害を賠償しなければならない。ただし、やむを得ない事由があったときは、この限りでない。

よって今回、会計監査人は自ら辞めることを申し出ることができるわけです。

また、会計監査人が欠けた場合については346条に規定があります。

第346条(役員等に欠員を生じた場合の措置)
役員が欠けた場合又はこの法律若しくは定款で定めた役員の員数が欠けた場合には、任期の満了又は辞任により退任した役員は、新たに選任された役員(次項の一時役員の職務を行うべき者を含む。)が就任するまで、なお役員としての権利義務を有する。
2 前項に規定する場合において、裁判所は、必要があると認めるときは、利害関係人の申立てにより、一時役員の職務を行うべき者を選任することができる。
3 裁判所は、前項の一時役員の職務を行うべき者を選任した場合には、株式会社がその者に対して支払う報酬の額を定めることができる。
4 会計監査人が欠けた場合又は定款で定めた会計監査人の員数が欠けた場合において、遅滞なく会計監査人が選任されないときは、監査役は、一時会計監査人の職務を行うべき者を選任しなければならない。
5 第三百三十七条及び第三百四十条の規定は、前項の一時会計監査人の職務を行うべき者について準用する。
6 監査役会設置会社における第四項の規定の適用については、同項中「監査役」とあるのは、「監査役会」とする。
7 委員会設置会社における第四項の規定の適用については、同項中「監査役」とあるのは、「監査委員会」とする。


規律は共通化されていると書きましたが、会計監査人が欠けた場合は役員が欠けた場合とは異なっているので注意が必要です。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)