米鉄道大手CSX、取締役選任の投票結果をめぐりザ・チルドレンズ・インベストメント・ファンドと対立


[関連したBlog]
お伝えしていたザ・チルドレンズ・インベストメント・ファンド(TCI)と出資先の米鉄道大手CSXの件の続報です。
25日にCSXの定時株主総会が開かれましたが、取締役選任議案の投票結果をめぐって会社側とTCIの見解が対立、投票結果を再集計する事態になっています。
*************************************************************************************************
米鉄道大手CSX、株主総会で英ファンドと対決(日本経済新聞2008年6月26日)
英ヘッジファンドのザ・チルドレンズ・インベストメント・ファンド(TCI)が資産活用などを巡って圧力を加えている米鉄道会社大手CSX(フロリダ州)が25日、年次株主総会を開いた。取締役選任で会社側が推薦する候補とTCIが推す候補の得票率がきん差となったため、投票結果を再集計する。
 CSXは第三者機関を通じて投票結果を再集計し、7月25日に発表する。TCIは現在CSX株式の4.4%を保有する第3位の大株主。同じく4%超を保有する米ヘッジファンドとともに昨年来、自社株買いや増配、遊休資産の有効活用を求めてきたが、CSXが拒否。12人いる取締役に、自社が推薦する候補者5人を送りこもうと株主提案し、委任状争奪合戦となっていた。(ニューヨーク=松浦肇)(16:03)
*************************************************************************************************
TCIは推薦する取締役候補を株主提案しており、委任状勧誘していました。
結果、それらの候補が選任されたとしています。
会社側はこれを否定しており、再集計するとされています。
第三者機関を通じて再集計するとしていますが、結果如何によっては法廷闘争になるかもしれません。
株主総会に先立ち、TCIはスワップ取引等で持株比率を5%超になっていたことも証券法の5%ルールの開示の対象であるとして、証券法違反とする司法判断が示されていました。
CSXの求めていた議決権行使の差止めは認めらなかったため、株主総会はこのように行われましたが、TCIも色々と不安定な要素を抱えていることが伺われます。

インテリア通販カタログお取り寄せサイト「らくらくインテリア」

【糖尿病食】ニチレイフーズダイレクト

●パルコのオンラインショッピング『PARCO-CITY』
 http://www.parco-city.com/

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)