ニューヨーク州南部連邦地裁、ザ・チルドレンズ・インベストメント・ファンドを5%ルール違反と判断


日本ではJパワーをめぐって注目を浴びているイギリスの投資ファンド・ザ・チルドレンズ・インベストメント・ファンド(TCI)ですが、アメリカでも積極的な投資活動を行っており、日本での例と同じく、問題となっていることが明らかになりました。
TCIはアメリカで鉄道大手CSXに投資を行っており、株主総会に取締役選任をめぐり株主提案を行っています。
その総会期日は近づいているのですが、CSXが、TCIを証券取引法違反で訴え、連邦地裁がCSXの求めた議決権行使の差止めは認めなかったものの、証券法違反であることは認めた判断をして注目を集めています。
問題となったのは、日本でいうところの大量保有報告書の5%ルールです。
アメリカの法律では証券法13条d項に規定されているものです。
TCIは、議決権を自ら保有している分は4.4%に過ぎないのですが、他のファンドと示し合わせていることやスワップ取引で議決権を調達してきているため、実質的には5%を超えているのに開示をしていないとしてCSXが訴えたのをニューヨーク州南部地区連邦地裁は、証券法違反自体は認める判断をしました。
控訴されており、第2巡回区連邦控訴裁判所に移っているので現在進行中の問題です。
議決権をデリバティブで調達した場合にも5%ルールの適用があるとした判断であるとして、ファンドなどの間では波紋が広がっているようです。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)