きわどい世界


雑談での話ですが、労働法について語る私は鬱屈しているという指摘を受けました。

荒木教授の労働法を、別にいやな気分で受けているわけではなく、むしろイメージがわいてとてもよく分かる(裏側まで)ので、楽しいのですが、私の口から出る経験談はどうも学生さんにはあくが強いようです。

別に労働法の現場だけでなく、別ジャンルでもきわどいものを経験しているせいか、かなり修羅場は平気です。
弁護士先生が執行関連で仕事上危ないことについて語られることがありますが、そんなものだろうと思います。
まあ感覚が麻痺しているだけだと思います。

法律の世界というと理論の世界で秩序だっているように思えますし、大半はそれが妥当しますけど、紛争処理のためのものですからどろどろしている世界もありますね。
そういう場でもどう毅然としていくかが大量に誕生している新しい法曹の課題になるでしょうね。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)