アスキーソリューションズ、有価証券届出書と有価証券報告書の虚偽記載で上場廃止


少し前のことになりますが、23日にシステム開発会社アスキーソリューションズが大証ヘラクレスを上場廃止になりました。

原因は、目論見書と有価証券届出書と有価証券報告書の虚偽記載という証券取引法違反、金融商品取引法違反をしていためで、先立って法的な制裁として課徴金納付命令はすでに出ておりまして、上場廃止は取引所の制裁ということになります。

発行開示と継続開示すべてで虚偽記載をするとはかなり悪質なことです。
しかし、有価証券届出書や有価証券報告書のチェックは財務局でもやりようがありませんので、なんとも阻止は難しいところがあります。
もっとも本件での虚偽記載の内容は売上高の架空計上で監査法人の関与があるところですので、必ずしも阻止できないものでもないように思われます。

ぐるになったならどうにもなりませんが、監査法人でも意図的に隠されたら早々見抜けるものではありませんから、端から架空計上をする気があったと思われる本件では発見はやはり難しかったかもしれません。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)