誤発売の原因


せっかく昨日は早く寝たのですが、今朝おきてものどが痛いままでした。
しかし今日一日のうちにだんだんと体調は好転したのでよしとしましょう。

さて、私鉄各社でJRとの連絡通学定期券の過剰収受が次々発覚しています。
実は、個人的には昔からこれはあるのではないかと思っていたものです。

私鉄には通勤と通学の二本立てしかないのですが、JRは中学通学、高校通学、大学通学と分けられているのです。専門学校などは大学扱いです。
発券するときは、起点と終点の駅名を入れて定期の種類を選択するのですが、そのときJRなら通学、通学(高校)とボタンが分かれています。
分かれていない私鉄の方は勝手に通学で計算してくれるので、特に問題ないのですが、これとは全く逆のことが起きたわけです。
自社内は通学しかないので、ボタンの選択をあまり気にしなかったのでしょうね。

これって結構な件数あると思われます。

ちなみに私は高校のときの通学定期は東武だけの利用でしたので、問題の生じようがありませんでした。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)