ディアスポラ


最近法律の本以外全く読まなくなってしまいました。

購入するのも法律書かマンガしかありません。
時間がないのでゲームをすることもできず、どうにもならない感じです。
電車の中も寝ているので、他のことをする暇がありません。
まあ、不思議と憂鬱には感じないので、大丈夫みたいです。

同じ理由から英語にもご無沙汰なのですが、ちょっとだけ今週号のTIMEを読んでいたら、聖火リレーの騒ぎが載っていました。
中国が狂っているというような取り上げ方でした。

2ページしかなかったので、すぐに過去に流れると言ってもいいかもしれませんが、世界のどこにいても現地の中国人留学生が大同団結して集まって応援をする姿を世界はどう見るでしょうか。

特に欧米でどう映るでしょうか。
地域社会と交わろうとせず、同胞とのつながりを重視して、経済分野での活躍が目覚しい民族をヨーロッパ世界は昔から知っています。

大国の威信を世界中に知らしめるためにやった五大陸での聖火リレーなのでしょうが、威信を発揮する効果の他に好ましくない感情を惹起したかもしれません。
それもチベットの件とは別のことを世界に気づかせたかもしれませんね。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)