東京国税局、ホンダの中国合弁をめぐり申告漏れを指摘


ホンダの中国合弁事業をめぐり、ホンダと合弁会社間の取引をめぐり、受け取った価格が割安で所得を移転していると東京国税局に指摘されたことが明らかになりました。

*************************************************************************************************
ホンダ、所得1400億円海外移転・東京国税が申告漏れを指摘(日本経済新聞2008年4月26日)

ホンダが、中国の合弁会社との取引に絡み税務調査を受け、2006年3月期までの2年間で総額約1400億円の申告漏れを東京国税局から指摘されたことが25日、分かった。海外へ所得を移し国内の所得を圧縮することを防ぐ移転価格税制を適用されたもようだ。課税処分の決定はなされていないが、移転価格税制を巡る申告漏れの指摘額としては過去最大。
(略)
*************************************************************************************************

これはいわゆる移転価格の問題です。
国境をまたいだ親子会社間取引で通常の取引とは異なる価格で取引を行うと利益の付け替えができてしまうことから、一般的に規制がされています。

しかし、ことはそれだけですむほど単純ではありません。

本件では、中国事業は必ず合弁で行わなければならず、中国側の出資者の意向から現地法人から安くするようにとの要求があることが背景にあるとされています。

一方で、海外子会社に対する技術指導などが無償で行われているような例も資源関連の企業で目立っており、取引ではなく株主としての行為であると反論がされたりすることもあるようです。

この分野の租税紛争は非常に目立つようで、その一端といえるのではないでしょうか。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)