公取委、JASRACに立ち入り 音楽著作権管理事業で私的独占の疑い


公正取引委員会が、音楽著作権管理事業の市場で私的独占の疑いで、JASRACに立ち入り検査をしました。
*************************************************************************************************
音楽著作権管理、JASRAC独占の疑い・公取委が立ち入り(日本経済新聞2008年4月23日)
音楽の著作権管理事業を巡り、自らに有利な内容の契約を放送局と結び、新規事業者の著作権管理市場への参入を不当に締め出した疑いが強まったとして、公正取引委員会は23日、独占禁止法違反(私的独占)の疑いで日本音楽著作権協会(JASRAC)に立ち入り検査した。公取委による同協会への立ち入り検査は初めてという。
 関係者によると、JASRACはテレビやラジオなど放送事業者が、経常事業収入から一定経費を差し引いた「放送事業収入」の原則1.5%を支払えば、JASRACが著作権を管理している曲を自由に使うことを認める「包括的利用許諾契約」を締結している。
 放送事業者は、JASRAC管理下の曲は定額で使い放題である一方、別の著作権管理事業者の管理する曲を使う場合には追加支出が生じる形となっている。このため公取委は、放送事業者が新規事業者と新たな契約を結ぶことを制限しているとして、JASRACが市場を実質的に支配したと判断したもようだ。
*************************************************************************************************
音楽著作権管理事業をしているのは、JASRACだけではありません。
最近解禁されたのでそれほど歴史があるわけではないのですが、いくつか別の事業者もあります。
著名なアーティストで著作権管理をJASRAC以外に委ねているのがいくらか散見されます。
自らの管理する楽曲は使い放題とすることで、他の事業者と競合する市場で、市場の独占を図ったと考えられた模様です。
あえていうと、放送事業者がJASRACを選択するという独占のほかに、放送事業者に使ってもらうにはJARSACでないとだめということになれば、アーティストの囲い込みという独占も考えられる事例です。
あくまで立ち入り検査ですので、これでクロと決まったとかそういうことではありません。
公取委がやってくるというだけでそれなりに重みがあるのは確かですが、それは事実上の問題です。
*************************************************************************************************

【資格の大原】行政書士講座

「おいしい!から始まる健康生活」ニチレイフーズダイレクト

クラシエの『甘栗むいちゃいました』

クチコミblogランキング TREview

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)