見方が変わる


もう20日です。時がたつのが早くて困ってしまいます。
ついこの間新学期が始まったような気がしていたのに、もう下旬です。


今日のニュースで、世界各地の中国人がそれぞれの場所でCNNやBBCなど中国を批判したメディアに対して抗議を繰り広げたという話題をやっていました。
カルフールに対する抗議とセットで取り上げていました

CNNでは「中国人はならず者。中国製品はガラクタ」といったそうですが、そういう発言があったわけでもないBBCまで矛先に上がっているのには思うところがあります。

BBCもCNNも普段から中国を揶揄するような取り上げ方をしているので、それに対して腹に据えかねたのでしょう。
大国意識が強いあまり、技術的なことでかなり滑稽なことを中国政府はしてしまうことがあるのでそれに対して冷笑するようなことはよくあります。

それらに対する全世界的な抗議活動ですが、客家以来の伝統で世界中でかなりの数の中国人が活躍していることが明らかになるわけですが、それだけですむでしょうか。
それ以上に色々と思うところを現地の人々に与えることになるように思います。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)