条文を大切にしよう


エイプリルフールでしたが、このブログは生真面目で通しており、勉強不足から間違っていることはともかく、うそなどはもってのほかですので普段どおりお伝えします。

doblogの機能が強化され、コメントを承認してから公開できるようになりました。
アダルトサイトへの誘導が誰の目にもさらされるということは起きなくなりましたので、コメント欄を再開しています。
誘導が目的の書き込み以外は承認しますので、ご意見とかご指摘とかありましたら、どうぞお願いします。

話をしていてようやく分かったのですが、会社員マインドと役人マインドはやはり異なるようで、行為の根拠を条文に求める考え方の強弱があるようです。
私がいいかげんなだけかもしれませんが、禁止されていないならやっていいのではないかと考えるのですが、どの条文に読み込むかについて役人出身の方は非常に敏感でした。

公法刑事法分野ではその通りだと思うのですが、私法分野では自由主義原則の方が先に来るのは当然ですので、やはり慣れ親しんだ世界の違いから来るのだろうと思います。

About Arakawa

サラリーマン経験のある弁護士兼社会保険労務士 このサイトでは、ビジネス関連の法律ニュースをもとにして私見をお送りするブログです。 ●筆者紹介 埼玉県立川越高校卒 東京大学法学部卒 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了(法学修士) 専攻・国際私法、国際取引法、会社法 某企業で法務担当というよりむしろ労務担当 東大ロースクール修了 新司法試験合格 弁護士登録 現在,弁護士兼社会保険労務士です。

2 thoughts on “条文を大切にしよう

  1. はじめまして。いつも楽しみに拝見しかつ情報収集をさせていただいております。今後も何か気づいた点などありましたら、コメントをさせていただきたいと思います。まずは読者(ファン)としてのご挨拶まで(^^)よろしくお願いします。

  2. コメントありがとうございます。あまりコメントがないブログなのでありがとうございます。今後ともよろしくご愛読ください。ご指摘等お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)